税理士を有効活用

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

会社の設立に当たって、事前に税理士から適切なアドバイスを受けておくと、会社の立ち上げだけでなく、立ち上げ後の事業活動もスムーズに進めることができます。あなたが起業しようとしている業界に詳しい税理士なら、経理や税務についての相談を通じ、株式会社にするか合資会社にするかなどあなたの事業方針に合った組織形態、行政から受けられる補助金、役員報酬のことなど、多岐に亘る助言を受けることもできるでしょう。会社設立の準備段階には、事業計画の作成や、起業の際に必要な資金、会社設立の際に必要な手続きなどに関するアドバイスを受けることができます。

設立後に顧問契約を結んでからも、経費として認められる範囲や金額の上限など、財務に関する細かい部分についても相談できます。更に、領収書や請求書の整理の仕方や、会計ソフトの使い方といった日頃の実務的な事柄について教えてもらったり、新たな従業員を雇う際の手続きや給与計算などに関するサポートを受けることも可能です。業界に強みを持つ税理士であれば、経営コンサルタントとしての役目も期待でき、事業開始後も長期的にケアを受けることができます。会社を設立する手続き以外にも幅広いサポートが受けられるため、会社設立の際は税理士に相談するのがベストだといえます

但し、税理士によっては会社設立を得意としていないこともありますので、税理士を選ぶ際は、会社設立を得意分野としているかどうか、どの業界に強いかなどをよく知ることが必要です。そして、料金体系が明確なこと、話しやすく親身になって相談に乗ってくれることなども重要なポイントです。税理士は、会社を設立する前も、顧問契約をした場合はその後も重要なパートナーとなりますので、慎重に選びましょう。

参照リンク・・・≪アディーレ≫会社設立代行相談