会社設立は税理士に!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

この記事では、なぜ税理士に相談する起業家が多いのか、税理士に相談することでどんなメリットがあるのかについて説明します。起業しようとして、あるいは個人で運営していた事業が軌道に乗って、一念発起していざ会社を作ろうとしても、何から始めたらいいのかさっぱりわからない、そんな人が意外と多いのではないでしょうか?会社設立の手続きをいちから全て自分で行うという人も中にはいるかもしれませんが、財務や法務、会社設立に当たって必要な手続きやその方法についてなど、様々な面においてよほど知識のある人でないと難しいでしょう。

そこで、会社設立に関するプロフェッショナルに相談することが考えられますが、その中でも、税理士に相談するという起業家が特に多いようです。では、税理士とはそもそもどのような仕事し、どんなことのできる人なのでしょうか?税理士は、経理や税務のスペシャリストであり、財務書類の作成や、税金の申告・申請の代行業務を行うことができます。経理経験者などごく一部の起業家を除いて、経理やその関連業務、税務などには不慣れなことが多く、起業したての頃は、本業よりもこうした業務に追われてしまう
ケースが少なくないようです。そのため、経理のプロである税理士は起業家の強い味方だといえます。

会社設立を得意分野とする税理士も多く、起業前から様々な面で相談に乗ってくれることもあります。次のページでは、税理士に相談することで得られるメリットをより具体的に説明します。